2010年06月22日

雨の日の午後

【竹林に護られて】
resize0523.jpg


marumiya。さん、生きてるかな・・・?


予告通り、円照寺と八嶋御陵の間にある
「ベストオブ竹林」のワンシーンを。
ん〜、ちょっと露出下げすぎたかな?


この場所、実は昨日アップした二体のお地蔵様の対面。
お地蔵様が多分毎日見ているであろう風景です。


正直、この写真を撮ってて
「どこでピントを合わしたら良いんやろ?」と
かなり迷いながらの手探り状態で、
昨日の写真は一発で撮ったのに対して、
この場所では何度もピント位置を変えて何枚も撮りました。


ぶっちゃけ、正解は無いでしょうね(笑)


平日の雨の日に、そうでなくとも
ほぼ人が来ない場所。
それなのにこんなに見事な竹林。
私が独占状態で写真撮れる事が
本当に嬉しくて嬉しくて。


神様仏様に感謝しながら写真を撮った、
そんな雨の日の午後です。
posted by まほろばの旅人 at 23:12| Comment(8) | 仏様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山辺の道の仏様達

【逆光の観音菩薩と地蔵菩薩】
resize0522.jpg


円照寺から八嶋御陵まで行く裏道があるのですが、
そこは私にとって「ベストオブ竹林」と呼べる場所です。
その竹林の様は明日以降アップしたいと思っております。


正直に言いますと、私はこの場所に訪れたのが
この写真を撮るタイミングで4度目でした。
それまで一切、ここでカメラを構えたり、
お地蔵様二体にレンズを向ける事もしませんでした。


「何も知らないのにカメラを向けるのは失礼かも」
なんて体の良い言い訳作って、
向かい合う事から逃げていたのかも知れません。


未だに何故この場所に「地蔵菩薩様」と「観音菩薩様」なのか。
この組み合わせの意義が分かりません。
只一つ言えるのは、奈良南部の結界として、
二体の菩薩様がお守りになっているのだろうな。
そう感じると、今度はその有難さが嬉しくて。


平謝りで「一度で良いので御容姿を収めさせてください」とお願いし、
5匹くらいの蚊の集団の襲来に耐えながら、
何とか無事納める事が出来ました。


あくまでファーストコンタクト。
観音様は母性イメージで地蔵様は子供イメージで。
京終〜帯解(おびとけ)地域の、
強烈に子孫繁栄を願う為の守護仏の役割もあったのでしょう。


その存在感、雰囲気。
雨の中の仏様達はまた、一味違う雰囲気を
持ってらっしゃいました。
何度も何度もお願いをして撮らせて頂いて、
何度感謝を伝えればいいのか、と言うくらい
感動して帰ってきました。


山辺の謂れの分からない仏様達は、
その由来を調べるのが本当に一苦労なのです。



<Photo file>
場所:円照寺(奈良県奈良市)
機材:PENTAX K20D(三脚使用)
lens:PENTAX FA43mmF1.9 limited
Exif:ISO100、F8.0、SS3sec
posted by まほろばの旅人 at 00:54| Comment(2) | 仏様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

雨を撮りたくて。その2

【雨煙/北山辺の道・円照寺】
resize0521.jpg


参道の地面すれすれの部分。
雨が降ると、そこにモヤが出るように見えます。
私はそれを「雨煙(あめけむり)」と呼んでいます。


いっつもは写真の奥の方から今回撮影した場所に向けて
カメラを向けていたのですが、
今回は「よし、逆をやってみよう」と思って。
案外こっちの方が見た目にはシックリ来たのですが、
無論それを表現出来るかどうかは別(笑)。


奈良の雨の写真と言えば、
言うまでも無く入江先生。
繊細でダイナミックな世界。


その世界観を知るには、まだまだ
雨の日にカメラ担いでないな、と
自分で感じた当日でした。
posted by まほろばの旅人 at 11:26| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

雨を撮りたくて

【雨の円照寺参道/北山辺の道】
resize0518.jpg



奈良に「京終」と呼ばれる地名が在ります。
「きょうばて」と読みます。
JRの駅名としても存在します。


「都の果て」という意味を持つ地名。
つまり、奈良時代の平城京の南東の果てが
「京終」と呼ばれる地名でして。


その京終よりもさらに南にあるお寺。
円照寺(えんじょうじ)。


最近良く私のブログに出るようになったこの寺。
何故か、理由は私も知らないのですが、
必ず私は雨の日にここを訪れて、
雨の風景をここで撮っています。


先日、庭園の写真をアップした法華寺と同じく
奈良の門跡寺院として実は名高いお寺。
しかもここは拝観を許されていないお寺。


門前(バス停があります)から境内の入り口までの
参道は一般人の通行が許されるのですが、
この参道の雰囲気は半端無いんです。
まぁ、雨の日だからかも知れませんが、
実に雰囲気を持った、情緒溢れるお寺。


門跡寺院なので、女性的な雰囲気を感じます。
非常に繊細で、凛として。


大和高原の麓の森の中にあるお寺。
森と一体化したお寺。


雨を撮ろうと思ってカメラを構えて、
結局雨は描写しきれず仕舞い。
でも、それはそれで、今の私では仕方なし。
雨よりも撮りたいものが見付かった事の方が
よっぽど嬉しかったわけで。


<Photo file>
場所:円照寺(奈良県奈良市)
機材:PENTAX K20D(三脚使用)
lens:PENTAX FA43mmF1.9 limited
Exif:ISO100、F8.0、SS1/4
posted by まほろばの旅人 at 18:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

女心は・・・水?

【弁天堂と池/喜光寺】
resize0507.jpg


七福神にも出てくる弁天様。


正式には「弁財天」様。
もっと正式に言えば、「サラスヴァティー」様。
ヒンズー教の女神様。


日本って、色んな宗教が調和してますよね。
弁天様って「神様」なので、
神道なのかと思いきや、発祥はヒンズー教だし、
伝わってきたのは仏教の経典と一緒に来日。


この辺は「八百万(やおよろず)」の神様がいると
言われる日本らしさがめっちゃ出てると思います。


800万ですよ。
どんだけ多いねん、と思いますが。
だからキリストさんでもその800万の一つとして
受け入れる事が出来る訳です。
広い意味で「神様」ですしね。
そういう意味で、日本人って寛容。


話を弁天様に戻しましょう。


何となく、のイメージなんですが
弁天さんのいらっしゃるところ
(お堂とか神社とか含めて)
池があったり川があったりと
「水」と縁があるなぁ〜って思ってました。


そもそもヒンズー語でサラスヴァティーって
「水を持つもの」って意味らしいです。
何となく、どころか、もろ、ですね。


しかし、「サラスヴァティー」が
どう訛って弁財天に変化したのかは
少し一致しないところでもあります(笑)
どうでも良いんですけどね。


<Photo file>
場所:喜光寺(奈良県奈良市)
機材:PENTAX K20D(三脚使用)
lens:PENTAX FA43mmF1.9 limited
Exif:ISO100、F8.0、SS1/30
posted by まほろばの旅人 at 18:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

違和感の塊

【釈迦初転法輪像/喜光寺】
resize0510.jpg


違和感っても、お釈迦様に罪はございません。
お釈迦様を撮ってる私に違和感です(笑)。
そんな御釈迦様に違和感だなんて
恐れ多くも言えたもんじゃないです。


お寺にある仏像って、撮影許可がある仏像は
撮っていて実に楽ですね。
拝観料が必要なお寺は、特に。
だいたい、境内の仏像の説明がありますし、
詳細な説明が無くても、名前は載ってます。


その辺、野辺にある名も無い仏様は
調べるのに一苦労します。


って書いている理由は、多分
3日後ぐらいにまた似た様な事を書くので
いずれご理解頂ければ。


で、「初転法輪」って名前が付いているのですが、
分からなかったので、ネットで調べてみると
「しょてん・ほうりん」と読むんですね。
どこで区切っていいのかすらも知らず(笑)


意味は、と言いますと、
「悟りを開いた御釈迦様が、初めてその教えを説いた事」
だそうです。
つまり、写真のお姿は御釈迦様が初めて説法をされている
まさにその姿なのだそうです。


って、全体像を撮ってないので、
サッパリ伝わらないですね(笑)


意味を理解していなかったその時の私は、
むしろバックのモミジとお釈迦様(これは一目で分かった)の
立体感に惹かれて写真を撮ってました。


私が感じた違和感、つまり
「形写して姿写さず」。


このお釈迦様が何をされてらっしゃるか、
その意味を知っていれば、
もっと違う撮り方があったんやなーと。
まぁ、この写真はこの写真で
ありっちゃぁありですが。


自分の悟った体験を、
しかも「悟った」のはお釈迦様だけで、
話を聞くお弟子さんはその悟りの状態なんか知らなくて。


そんな状態のものを、初めてお弟子さんに伝える時の
お釈迦様の気持ちってどんな気持ちなんだろう?


そう考えると、次回は違う切り口で
このお釈迦様を拝めそうな気がします。


尚、この仏像は現在のご住職が
12年前にブッダガヤ(インド)を訪問された時に、
請来(求められて持ち帰られた)されたものだそうです。


知れば知るほど、また訪れたくなるお寺、喜光寺です。



<Photo file>
場所:喜光寺(奈良県奈良市)
機材:PENTAX K20D(三脚使用)
lens:PENTAX FA43mmF1.9 limited
Exif:ISO100、F8.0、SS1/60
posted by まほろばの旅人 at 18:00| Comment(2) | 仏様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

蓮の名刹

【今年の一輪目/喜光寺】
resize0500.jpg


昨日・今日の連休は、まさに奈良フォト三昧。
明日から土曜日まで連勤ですが、
ブログのネタには困らない程に
ストックが増えました(笑)。


本当に今回の二連休では、
実に多くの気付きを頂きました。
どちらかというと産業カウンセラー繋がり的な
エピソードは、本館にアップしますので、
お好きな方は見て下さい。
見られてなくても、とりあえず更新は
続けてしてますんで(笑)


今の季節の奈良では、喜光寺と言えば
奈良北部の蓮の名刹で知られます。


そして、遷都1300年祭とリンクするなら、
東大寺大仏殿のモデルになった
「試みの堂」と呼ばれる本堂が
ある事で知られます。


位置的には平城京のすぐ南にあって、
菅原道真公など「菅家」を輩出した立地。
現在では阪奈道路の「蓬莱インター」のすぐそばで、
かなり交通の便の良い所に在ります。


目の前に幹線道路が走ってるので、
味のある古刹か、と言われれば、
少し疑問は残りますが、
喜光寺の持つ歴史は、実に古い。


元々「菅家」縁の地で、
「菅原寺」と呼ばれていたお寺。
721年に行基菩薩により創建されたお寺です。


748年に聖武天皇がこの寺を訪れた時に、
本尊から不思議な光明が放たれ、
それに喜ばれた聖武天皇が
「喜光寺」と名付けたそうです。


多くの寺では蓮や睡蓮を楽しむ事が出来ますが、
比較的古い(密教以前)の寺には
蓮の花が多く植わっているように感じます。
仏様が蓮の台座に座っているのもありますし、
蓮は西国浄土の象徴とも言われ、
重宝されているからです。


対して、室町時代後期、禅宗と茶道が融合すると
蓮の花より睡蓮が好まれるようになります。


なので、一つの寺で蓮と睡蓮を
同時に堪能するのは限られた場所です。


今回撮らせて頂く前に、庫裏を訪れて
職員の方に話を伺ったのですが、
当日咲いていたのが、
今年最初に咲いた蓮だったようです。
まるで導かれたような気分ですね。


「どうぞ、思いの行くまま、蓮を撮って下さい」と
職員の方におっしゃって頂いた時は、
本当に嬉しかったですね〜!


ファーストショットをこんな素人に
託していただけるなんぞ、
そうそうこんな栄誉もございません。


蓮を感じ、味わい、睡蓮の違いを比較しながら
自分なりにイメージとストーリーを決めて
決まれば一気にファインダーと睨めっこ。


諸々の理由があるのですが、
多分来週の日曜も喜光寺に
お参りしている気がします。


蓮だけじゃなく、もっと喜光寺を知る為に。



<Photo file>
場所:喜光寺(奈良県奈良市)
機材:PENTAX K20D(三脚使用)
lens:Foigtrander APO-Lanther180mmF4 SL
Exif:ISO100、F8.0、SS1/200
posted by まほろばの旅人 at 18:00| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

笹百合への鎮魂歌

【アンバランスな美しさ】
resize0474.jpg


6月13日に奈良市内にある
率川神社の三枝祭の主役になる笹百合。


率川神社の神花でもある笹百合は、
大神神社が笹百合を提供した事から始まります。


戦後一時期、種の絶滅危機状態だった笹百合。
大神神社の関係者の方々の尽力が実り、
手厚い保護の下、笹百合の姿がまた
少しずつ見られるようになりました。


百合の花は非常に大きく、
豪華な華やかさと清楚な美しさを
兼ね備えていますが、
笹百合は、美しい花弁に反して、
とかく幹の線が細いです。
その細い幹に複数の花をつけるものですから、
見ていて少し危なっかしいのです。


嘗て、日本が「古墳時代」と呼ばれる頃よりも
もっともっと前の時代の頃。
三輪山(大神神社の御神体)のこの季節は
狭井川周辺に笹百合が一面に咲き乱れていたそうです。
花の美しさは勿論ですが、
凛とした清楚な香りを持つ笹百合ですので、
本当に独特な雰囲気があったのでしょう。
「神様がくつろぐ楽園」と呼んでも差し障り無いくらい。


もし、の話ですが、
笹百合の群生が姿を取り戻し、
私がその風景を見たならば
その姿をどう表現するのか。
どう心が感じるのか。


笹百合が絶滅してしまったら、
この季節にこの地を見て、
私は何を感じるのか。


今ここに、笹百合は存在しますが、
来年の事、ましてや将来の事は
今は分かりません。


今の私に出来る事は、
大神神社の境内に笹百合が咲いている事、
その咲いている意味を自分が感じて、
せいぜいそれを伝えるくらいです。


出来れば奈良に生きる私として・・・
この季節、「笹百合開花を待ち望む」気持ちを
持ち続けていたいと思います。
「開花は当たり前じゃない」と言う事を知りながら。


<Photo file>
場所:大神神社・ささゆり園
機材:PENTAX K20D(三脚使用)
lens:SIGMA70-300F4-5.6(190mm域使用)
Exif:ISO100、F8.0、SS1/15
posted by まほろばの旅人 at 11:39| Comment(5) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

音を写真で表現・・・出来ません

【せせらぎとそよ風】
resize0455.jpg


ちょっとモヤっとした描写に違和感を
感じてない訳でも無いのですが。
単にコントラスト下げて現像したからです。


この写真を見ていて、
自分は奈良が好きなのか、
風景が好きなのか、
庭園が好きなのか、
単に緑が好きなのか、
この一枚で自分の方向性を模索しながら、
次の可能性を自分で探っているのを感じます。


間違いなく依水園の一枚なので
奈良の緑の風景なんですけどね。


私の傾向として、二度目以降訪れた場所では
即カメラ構えてシャッター、という機会が
減ってきたように思います。


ここなら、依水園前庭を
まずグルッと一周歩いてみて、
自分なりの言葉で言うと「味わう」。
音を聞きいたり、温度湿度を感じたり、
その場の匂いを感じたり。


で、その感覚が一番研ぎ澄まされる場所って
必ずありまして。
平たく言えば「つぼに入った場所」、
もっと簡単に言えば「気に入った場所」。


そこでもう一度感じたものと向き合って、
改めてカメラを構えてファインダーを覗いてみると、
大抵の場合、ファインダーに収まりきってなくて。


でもそれ以上の広角レンズに交換して
改めてファインダーを覗いても
それはそれで何かしっくり来なくって。


足りないなら足りないで、
「もう全部撮らなくていいから
 映らない部分は見て頂いている方に
 想像してもらう事にしよう」という
いわば手抜きみたいな事をやり始めてから
何故か杜写真や緑写真を撮る機会が増えました(笑)
明らかに相手任せ。


川のせせらぎ、風そよぐ音、
入梅前の爽やかな程よい湿度感、
前庭は誰も訪れない静けさ、
後庭にいるらしい訪問客の鳴らす砂摺り音。


決してそういう感覚は
「写真」という手段では表現しきれないんですが、
その手段しか持っていないので、
何とか賄いきろうとしてます。
仕方が無いのでブログでそれを文字にしてますが(笑)


<Photo file>
場所:依水園・前園
機材:PENTAX K20D(三脚使用)
lens:PENTAX F43mmF1.9 limited
Exif:ISO100、F8.0、SS1/50
posted by まほろばの旅人 at 12:31| Comment(2) | 古都の姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

濃厚・エスプレッソ

【緑に睡蓮・依水園/前庭】
resize0430.jpg


去年も訪れた依水園。
去年ここを訪れて、今のバイト先を
社員として働く事を諦めた事は記憶に新しい。
あ、別に写真家になるのを決めたのでは
決して無いんですよ(笑)


緑・水・睡蓮・菖蒲・ツツジ・・・
この季節の旬が全てここにあって、
って別に前庭に全部あるんじゃなくって、
前庭・後庭併せて全部あるんで。


目に飛び込んでくるこんな風景を
「切り取る」んじゃなくて、
濃厚に凝縮させて撮影したくて、
許される限りシャッターを切る日々です。


出来れば、背景にある歴史や感情まで
写真に収めてみたいと思いつつ、
「最後は見る人の感性に委ねるんやからなぁ」なので、
その辺は、さりげに散りばめるしかない。


奈良。


知っていたようで、全然知らなかった事ばかりです。


でも、依水園の圧倒的な緑こそ、
「あー、写真やってて良かった〜」と思える緑でもあり。
緑に濃淡があり、立体的な緑。潜む庵。


裏切らないねぇ。依水園は。
posted by まほろばの旅人 at 18:00| Comment(4) | 奈良の大自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。