2010年07月31日

この姿はもう

IMGP1868.jpg2.jpg



去年の8月はどうやら結構時間があったらしく、
なら燈花会の写真もザックザック出てきましたし、
それ以外にも奈良市内を撮っていたようです。


あ、あれですよ。
別に過去の写真に手を付けなきゃならんほど
今ネタに困ってるとかそういうのではないです。
あまり(笑)


去年の燈花会で「奇跡の朧月夜」の一枚が撮れたのと
ほぼ同じ構図で昼間に写真を撮っていたようです。


久しぶりに見直してみて。
興福寺の五重塔と高円山の大文字の跡がはっきり見えるこの構図。
非常に安定してるなぁ。


現在本金堂の再建工事が始まっており、
このアングルで五重塔を綺麗に写すのは
不可能になってしまいました。
左半分に本金堂の屋根が写り込んでしまいます。
つまりこの写真はきっとこれからは
撮れない風景なのかも知れません。


変わり行くのが世の常ならば、
興福寺とて変わっていきます。
でも一年前この景色を見て感動していたでしょうし、
今年になってもその思いは変わりませんね。


なら燈花会まであと6日。
posted by まほろばの旅人 at 21:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

平城(なら)にある明日香(あすか)

【ならまち元興寺・極楽坊の夏風景】
resize0546.jpg



正解は無い、って自分でも思うのですが、
「元興寺」と「夏」を組み合わせるならば、
今のところしっくり来る構図がこんな感じかな、と。


このブログでこれまで散々、
「元興寺の桔梗は奈良の風物詩の一つ」
って書き散らしているので、
妥当な撮り方の一つだなと思います。


国の都が明日香から平城に移って、
明日香にあった飛鳥寺(法興寺)を
奈良に移設したのが元興寺。
今残る「元興寺極楽坊」は、その中心地だと言われています。
中央の屋根に色違いに見えている瓦は
1400年前飛鳥寺(法興寺)に拭かれていた瓦を
持ってきたものだと言われています。


「ふるさとの 飛鳥はあれど あおによし
 平城(なら)に明日香を 見楽(みらく)しよしも」


都が明日香から平城に移り、
多くの人が明日香から平城に移った事でしょう。
そして、新しい元興寺の姿を見て、
自分達のふるさとである明日香を思った事でしょう。


今は明日香も平城も「奈良県」とひとくくりですが、
当時の都人からすれば、
明日香と平城は別物だったのかも知れません。


この先、奈良にどんな未来があるか
僕には皆目分かりません。
僕に出来る事は、今の奈良を撮る。
ただそれだけです。


但し、一部心無いマナー意識の欠如している
カメラ好きの影響を受けて、
色んな場所で撮影の制限を受けているのも事実。


ボディが好きでも、フィルムが好きでも、
レンズが好きでも大いに結構なのですが、
奈良の風景はあなただけのものではない、
という事だけは認識した上で
写真を楽しんで欲しいなぁと思います。


ツイッターで散々言っていますが、
今カメラ好きの人の首を絞めているのが、
実は同じカメラ好きだという事実。
誰もそれを言わないなら、率先して僕が言う。
プロが言うのを待つのでは無く、
僕が警鐘を鳴らすしかありません。


10年後、奈良では写真禁止になってるかも知れないと思うと
それこそゾッとします。
posted by まほろばの旅人 at 23:23| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

映ってるなぁ

【元興寺極楽坊・小子坊(しょうしぼう)】
resize0544.jpg



元々は庫裏だった建物が、一時的に台所になったりした場所。
それがこの小子坊。
そんな予備知識を全く持たず、
「薄暗い建物の奥に光が差し込んでるのが綺麗!」
って感じたままシャッターを切ったのが
この写真の正体。


自分で現像しながら「僕らしい写真やな」と、
凄く肌で感じた写真でもあります。
そう、この写真一枚に「自分の写真の定義」が
無意識のうちに無数に組み込まれているんですね。


奈良にある「光」も「闇」も同時に撮りたい。
一言で言えば、まぁざっとこんな感じ。
形を変えて夕景とか杜写真とかにもなるんですが。


そういう意味で、「自分の撮りたい写真」を
ちゃんと写せてる事に驚き。
posted by まほろばの旅人 at 23:18| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。