2011年01月03日

新キャラ登場

まほろばの旅人(以下「ま」)
【ナレーション】
「ヤマトは国のまほろば。
 そう呼ばれていたのは今は昔。
 今では主人(ぬしびと)がドヤ顔で
 遠つの都(とおつのみや)を闊歩している・・・」
飛行亭墜落(以下「落」)
「これ、続けるんだ・・・」
大和ユイ(以下「ユ」)
いやぁ〜ん! まほろばさん、カッコいい〜!!
落「何か、しれ〜っと新キャラ出した〜!!!」











ま・落・ユ
新年明けましておめでとうございます!
ま「まー、なんつーか、今年もこれ続けるらしいので、
  分かる人と、着いて来られる人だけブックマークしてください」
落「新年早々、ネガティブなのかツンデレなのか分かりかねる挨拶はやめて下さい」
ユ「じゃー、新年ネタって事で。初詣、どこ行きました?
ま「俺は毎年恒例、地元の神社と大神神社やね。
  今年は兎年って事で、兎年の守護神社の阿部文殊院も行ってきた」
落「大神神社に安倍文殊院ですか〜。いかにも奈良県っ!って感じですね」
  結構混んでたんちゃいます?」
ま「安倍文殊院は久しぶりに行ったけど、本堂に行列が出来てて、
  御参り出来るまで10分くらい並んだかな?さすが兎年って感じがしたねぇ」
落「12年に一度な訳ですし、特に年男の人は御参りしたでしょうしね」
ま「対して、大神神社は例年通りの賑わいやったね」
落「混雑してて当たり前!的な」
ま「思えば、大神神社ってお祭騒ぎを率先してやった神社な訳やん?
  せやから、正月は「ハレ」な訳やから、出店たくさん出て皆が賑わって、
  お酒も振舞われていてナンボな訳よ」
落「おぉ! さらっと良い事言ってる!」
ま「新年やしな」
落「で、ユイちゃんは?」
ユ「私も大神神社に行きましたよ〜♪
  狭井神社で御神水頂いて来ました

落「狭井(さい)神社は大神神社の北にある末社やね。
  その奥から湧き出る水は、お神酒の元になったりする霊験新たかな
  お水なんやそうですよ〜」
ま「あ、何かこのブログで久しぶりにまともな奈良の話しとる」
落「まぁ、新年ですし」









ま「つーわけで、延ばし延ばしになったけど新入生を紹介する〜」
ユ「『絶対奈良少女』こと、大和ユイで〜す♪
落「やったぁ!! 本当に出してくれたんですね!
  まほろばさん、初めてブログで前の内容とリンクしましたね!」
ま「当たり前だ。俺はやると決めたらやる男だ。
  つーわけで、ユイちゃん。改めて自己紹介よろしく」
ユ「このブログで誕生した、二次元ご当地アイドル、大和ユイです!
  生まれも育ちも奈良県、桜井市在住の20歳です〜!

落「自分で二次元って宣言したよ、この子」
ユ「中の人は、リアルで奈良ご当地アイドルをプロデュースしたがってるので、
  誰かたまには構ってあげて下さ〜い♪

落「フォローが生々しすぎるわっ!!!」
ま「設定では大学生です」
ユ「20歳超えてるので、お酒はOKです♪ 地元の『三諸杉』が好きです!
ま「尚、酒飲んだら黒い一面出るキャラです」
落「そんな裏設定バラさなくて良いですから!
















ま「ご当地アイドルも考えた事やし、せっかくやから
  新劇場版『まほろばの旅人』の話進めようや」
落「え、あの話本気で進めるんですか?!?!」
ま「当たり前やないか。アイドル作っておいて本編おざなりじゃぁ
  このブログの存在意義が無いがな」
落「あったんだ・・・このブログの存在意義」
ユ「正確に言えば、中の人の自己満足ですよね♪
落「可愛い表現でシレッと毒吐くの止めてくんない?!」
ま「せっかく、奈良の生き字引的なアイドルとして起用したんやから、
  それを利用しない手はないやろ〜」
ユ「ユイ、頑張ります!
ま「で、今日は主人公を決めたいと思う」
ユ「ヒーロー無くしてストーリーは進みませんもんね♪
落「僕のポジション、勝手に奪っちゃってない?」
ま「そう、ストーリーの中心人物たる主人公。
  主人公の人物像で、ストーリーの9割が決まると言っても過言ではない」
落「確かに、主人公のキャラが立ってないと
  このブログみたいに話が迷路になりますからね」
ま「お前の人生を迷路にしてやろうかっ? して欲しいのかっ?!」












ユ「確か、舞台は明日香をイメージしてるんですよね? 遠つ都(とおつのみや)って
ま「そうそう。奈良と大阪の県境にある「近つ飛鳥」をモチーフにしてね」
落「『ちかつ・あすか』って読むんですよね。近鉄南大阪線沿線ですね」
ま「うん、まんま地名使うのも好きじゃないんで、
  ちょいひねってみた訳よ」
ユ「で、主人公ってどんな人なんですか?
落「やっぱり学園モノでしょう?」
ま「学園エヴ●が好きやからって、それに乗っかるな!!
  でも、他にアイディア無いからそれにせざるを得ない・・・」
ユ「鉄板ですしね
ま「学園モノ・・・なら、やっぱり先生やな」
落「主人公が先生。学園モノの鉄板来たぁぁ〜!!!」
ま「元々は主力だったけど、もう権力が廃れた一族の子孫って設定でね」
ユ「っぽいですねぇ〜
ま「名前は決めてるのよ。『長柄・健(ながら・たける)』。」
落「健って書いて「たける」って読ませるのは、いかにもありですね。
  でも、長柄ってなんでまたこの名前を?」
ま「最初は「葛城・健」やったんやけど、あんまりそのまんま過ぎるから。
  そもそも、「葛城先生」ってやっちゃったら、まんま学園エヴァやしね。
  せやから、葛城の地名から拝借して長柄」
ユ「地名の長柄なんですね
落「やっぱり中学2年の担任ですよね?」
ま「干すぞ? お前マジで干すぞ?
ユ「ご存知ですか?
  明日香村には、明日香(飛鳥)中学校や明日香(飛鳥)高校が存在しない事を?

ま・落「マジでか?!










ユ「明日香村立聖徳中学、は存在しますが、それ以外は無いんです
落「これは使える!」
ま「奈良県って、県外進学率(特に大学)が低いし、
  あえて、高校の設定って良いと思う」
ユ「あ●によし、も女子高設定でしたしね
ま「主人公は、飛鳥高等学校の先生だ」
落「何を教えるんすか? やっぱり、論語とか仏教ですか?」
ま「そこは現実路線で、IT教室で社会を教える訳よ」
落「一種のサイバーパンク状態だ・・・・」
ま「そもそも、長柄健は、村営バスで飛鳥高校に通ってる訳やしね」
ユ「バス通学?!?!
ま「長柄一族はもう権力ないから、自家用車すら買えない訳よ。
  主力豪族なんかは、良い車で学校に横付けするエリート学校なんやけどね」
ユ「バス通勤する社会科の先生、長柄健。多分新米に近いキャリアですよね
ま「とはいえ、豪族の辿る栄華も衰退も知っている長柄一族なので、
  クラスに通う豪族に、重みのある一言を言える訳よ。




落「って事は、諸行無常を知り尽くす健が、血気盛んな学生のまとめ役」
ま「これがまた、生徒が問題児ばかりで大変なのよ」
ユ「問題児?
ま「王族中心キャラ丸出しの曽我一族。
  遠つ都の最高権力者である父・梅造(うめぞう)の息子。居香(おるか)」
落「もう、100%、イメージは碇シ●ジですよね。名前が既に・・・」
ま「それに対する物部一族。
  遠つ都でもう一つの権力者である守屋の娘、明日香」
落「セカンドチルドレン?!」
ま「人型汎用ロボットは出てきませんから!」
落「これに、陰陽道を究める安部玲」
ま「パクッたろ、これ、綾波レイパクッたろ・・・(怒)」
ユ「でも、クラスの3人のポジションと、長柄先生の立ち位置が分かったら
  話進みやすくなりません?

ま「言えてる。これで、少し掘り下げていくか」





ユ「と言う事で、次回『使徒来襲』お楽しみに♪
落「だから、それおもいっきり裁判沙汰になるんだから!」
ま「法廷画になる事に絶望した!!」
posted by まほろばの旅人 at 00:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綾波レイは実は中川家礼二の生まれ変わり
Posted by ぶらいとん at 2011年01月04日 21:08
礼二兄さん死んでねぇし
Posted by まほろばの旅人 at 2011年01月07日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。