2010年11月26日

劇場版は、原作を読んでから見た方が数倍楽しい

まほろばの旅人(以下「ま」)
「どーもー、まほろばの旅人でーす」

飛行亭墜落「以下、「落」)
「毎度、飛行亭墜落です・・・
 って、ほんまに先週の予告通りのタイトルにしたんや・・・」
ま「だって、思いつかんかってんもん」
落「とりあえず考えてはいたんですね」
ま「当たり前やないかい。
  だって、分かる人には、『あ、このタイトルの付け方「銀〇」のパクリやん』ってすぐ分かるやん?」
落「もやは確信犯ですね
ま「ところで、新劇場版「破」観た?」
落「関係ねぇ! 奈良と全く関係ねぇ!!
  でも、タイトルと言ってる事が違わないと思うのは僕だけ?!」
ま「やっぱり、レイとシンジって・・・」
落「そこ掘り下げなくて良いから!!


ま「でも、まぁあれだ。こんなグダグダの会話を続けてても仕方が無いので、
  とりあえず、奈良らしい事話そうや。なぁ、落(らく)さん」
落「なんですか、その楽太郎師匠っぽい略され方!!」
ま「逐一、墜落さんって言うの面倒〜」
落「ブログのあり方全否定したよ、この人」



ま「ってー訳で、紅葉シーズンですね」
落「秋も深まってきましたね〜」
ま「で、落さんのお勧めの紅葉スポットはどこ?」
落「地味って言われますけど、奈良公園の浮見堂なんですよ」

IMGP3083.JPG



ま「おぉ〜。王道の場所ながら渋めのチョイス。」
落「鷺池に反射して見える紅葉が何とも言えないんです」
ま「しかも、良いシチュエーションをチョイスしてきたね。
  ライトアップしとるやん」
落「ライトアップと言う程大層なものでも無いんですけどね。
  で、旅人さんはどこなんですか?」
ま「秋篠寺かねぇ」
落「こりゃまた、渋いチョイスです」
ま「メジャーどころで言うなら、春日大社の水谷茶屋やね」

IMGP3530.JPG



落「赤の絨毯に黄色の落ち葉が映えますね」
ま「紅葉を愛でながら飲む抹茶がたまらんね」
落「風流の極みってやつですね」
ま「紅葉に限らなきゃ、曾爾高原のススキ。
  奈良の近場で、奈良県に限らなきゃ、当尾の里の浄瑠璃寺。
  京都なら青蓮院門跡がお勧めやね」


落「ってか、至って平凡に話進んでますね」
ま「当たり前やないかい。
  そもそもそういうブログやろ、ここ」
落「前回、そのブログ全否定した人の言葉と思えませんね」
ま「でも、これからが本番や」
落「本番?!」
ま「そう、行った場所の紅葉を語るのも良い。
  でも、行った事の無い場所を想像するのも、又楽しくない?」
落「それは新しいですね」
ま「タイミングが合わなくて紅葉シーズンに行けなかったけど、
  多分ここは紅葉綺麗やろうなぁ〜って場所結構あるんちゃう?」


落「そうですね〜。僕は室生寺ですね」
ま「室生寺も綺麗やろうねぇ。モミジ多いしね」
落「シャクヤクと新緑のシーズンに行った事ありますけど、
  あの雰囲気の中で紅葉を見られたら、多分感動しますね」
ま「俺は葛城古道の一言主神社やな」
落「大銀杏がありますもんね」
ま「吉野山の紅葉も捨て難いね。
  そう考えると、まだ沢山あるわな」
落「だから奈良は楽しいんです」
ま「あ、脇役の癖に良い事言った」
落「脇役は余計ですよ」
posted by まほろばの旅人 at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

「週刊」だからと言って、毎週読めるという訳ではない

まほろばの旅人(以下「ま」)
「どーもー、まほろばの旅人でーす」

飛行亭墜落「以下、「落」)
「毎度、飛行亭墜落です〜」


ま「って訳で、今日は自己紹介します」
落「今更自己紹介ってブログでも無いやろ
ま「いや、でもな。多分これ見てる人、
  ぶっちゃけ俺とお前の区別付いてへんと思うんやけどな」
落「え、そんなキャラ設定してんの? てか、中の人そんなに暇やったっけ?」
ま「てー訳で、じゃ、俺から自己紹介ね〜」



【まほろばの旅人】名前も職業も、まほろばの旅人。



落「小学生の妄想のレベル超えてねぇ!
ま「いや、分かりやすくてええやん」
落「全然分かりやすくないし、全然親近感湧かんわい!」
ま「あ、親近感湧けば良いのね」



【まほろばの旅人】名前も職業も、まほろばの旅人。髪の毛はやや左寄りに分けている。



落「そこかい!!
ま「だいぶ湧かない?」
落「湧くかい!! 髪の毛の分け目とかどうでもええやろ!!
  もっと具体的に何やってるか書かんと分からんやろ!!」
ま「あ、具体的に何やってるか書けばええのね」



【まほろばの旅人】奈良県民。35歳。
         地元の奈良を旅して、自分が感じた事をブログや写真、映像で伝えている人。



落「あ、結構まともな事書いた」
ま「反応薄っ」
落「いや、ここ過敏に反応するとこちゃうでしょ。
  ってか、もっと掘り下げてみましょうよ」



【まほろばの旅人】奈良県民。35歳。
         地元の奈良を旅して、自分が感じた事をブログや写真、映像で伝えている人。
         理想の女性は原田知世。


落「掘り下げる場所違〜う!!
ま「お前に原田知世の何が分かる!!」
落「いや、食いつかなくて良いから!!
  奈良の情報発信してるなら、奈良のお勧めスポットとか掘り下げるやろ、普通!!」



【まほろばの旅人】奈良県民。35歳。
         地元の奈良を旅して、自分が感じた事をブログや写真、映像で伝えている人。
         奈良でお勧めの原田知世はm


落「原田知世を掘り下げるな!!!
  ってか、どんだけ原田知世引っ張んねん!!
  分かった、分かりました。あなたに任せた僕が悪かった。
  僕があんたの自己紹介書きますから!!」



【まほろばの旅人】奈良県民。35歳。
         地元の奈良を旅する事を生業として、
         持ち前の感性を活かして奈良の魅力を情報発信してる人。



ま「おー、立派立派」
落「うわっ、凄く他人事っぽいリアクション」
ま「じゃー、仕方ないから俺がお前の自己紹介したるわ」




【飛行亭墜落】自虐ネタでも滑る落語家。




落「もっと他に書きようあるやろ!!!
ま「え? でも嘘書いてへんで?」
落「いや、それは素直に認めます・・・けど、もっと他に表現方法あるやないですか〜」
ま「あ〜、じゃぁ、こうしよう」




【飛行亭墜落】自虐ネタでも滑る落語家。髪の毛はやや右寄りに分けている。




落「髪型はどうでも良い!!
ま「嘘書いてへんやん」
落「いや、だから、もっと僕のキャラクターを掘り下げて!!!」




【飛行亭墜落】自虐ネタでも滑るエヴァオタク。




落「掘り下げる方向違〜う!!
  しかも、職業なくなってるし!!!」
ま「何一つ嘘書いてへんねんけどなぁ〜」
落「いや、まほろばの旅人さんに頼んだ僕が悪かったです。自分で書きますから。」




【飛行亭墜落】奈良県出身の新米落語家。
       古典落語を継承しつつ、地元奈良に絡めた創作落語をかけている。
       奈良好き繋がりで、まほろばの旅人と知り合う。




ま「おー、さすが落語家」
落「何か素直に褒められてる気がせんのは気のせい?」
ま「これで、わしら二人のキャラは出来たし、話進めやすいわな」
落「あー、やっと話が前に進んだ」
ま「ってな訳で、来週は『劇場版は、原作を読んでから見た方が数倍楽しい』をお送りします」
落「進んだと思ったら終わった〜!!
  しかも全然奈良関係ないし!!」
ま「来週も、サービスサー●スゥ♪」
落「パクッたぁ!!!
posted by まほろばの旅人 at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。