2009年11月30日

和的な

手向山八幡宮


「写真は自分を表現する道具でもある」
って聞いた事があります。
行き付けのカメラ屋の店員さんは、
「写真にはまほろばさん『らしさ』が写るんですよ」
って言ってました。
つまり、風景と一緒に自分の感情とか好き嫌いとかを
写すんでしょうね。


同じ被写体を撮るにしても、私の好きなシチュエーションってありますし、
(勝手に「まほろば流」とか名前付けてますが)
他の人なら同じ写真でも全く違うように撮ったりするんでしょうね。


また明日にでもアップする予定ですが、
何でこんな事を書いているのかと言いますと。


今日、春日奥山遊歩道の写真を撮っている時の事。


五色のモミジの写真を撮っていると、
団体で遊歩道を歩いてきた方々と出くわして。
「ここの紅葉は凄く繊細ねぇ〜」って言われたのです。


私はその真逆で、ここの紅葉は手付かずで伸び伸び生き生きしてて、
荒々しくって自由奔放、という印象を持っていました。


確かにモミジの葉っぱは普通のモミジよりも一回り小さく、
「繊細」と受け取る事も出来ますね。
受け取り手によって、感じ方はそれぞれだなぁ、と実感。


とは言え五色のモミジに対する私の撮り方は、
「荒々しく自由奔放で雄大な紅葉を、
 いかにフレームに凝縮させて表現するか」ですね。


その辺は明日にでも写真を交えて。
posted by まほろばの旅人 at 23:14| Comment(2) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まほろば色した・・・

春日奥山遊歩道入り口


本館では、まだモミジが紅葉していない頃の写真をアップしてました。
http://hideking04.exblog.jp/11590922/
↑これです
同じ場所っす。


紅葉。


まさか今年ここの紅葉を追いかけているとは予想もしませんでしたね。
正直言うと、別の場所の紅葉を追いかけてると思ってました。
談山神社とか、室生寺とか。
奈良公園でも手向山八幡宮とか。
(ここの写真はちょくちょく本館とかでアップしてますが)


で、どうでも良いんですが、
春日大社周辺の遊歩道について言及しておきます。
ネタ無いんで(笑)


春日大社は春日山の麓にある神社でして。
春日山そのものは標高400メートルあるか無いかの低い山。
とは言え山そのものが信仰の対象になっていたので、
1000年以上手つかずの原生林が今も残っています。
それが「春日原生林」と言われています。


今では3つの遊歩道が整地されています。
春日山の北側を歩きながら最後は若草山にいける「春日遊歩道」。
春日山の南側を歩く「春日奥山遊歩道」。
春日遊歩道のすぐ南にあってアップダウンの厳しい「滝坂の道」。
滝坂の道は柳生の里まで続いているので、「柳生街道」とも言われます。


とまぁ毒にも薬にもならない事を書いてきましたが、
春日原生林は私に色んな事を教えてくれた
凄く大切でありがたい場所なんです。
posted by まほろばの旅人 at 10:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

見上げればそこに・・・

五色のモミジ


今日はまたもや春日奥山遊歩道から五色のモミジ。
今年の紅葉写真の自分自身への課題っぽくなってますし、
自分自身のフィールドワークにもなりつつあります。
近鉄奈良駅から徒歩約45分。


去年、一昨年とこのシーズンは暇さえあれば
連日のように京都に通ってmyモミジスポットで
写真を撮りまくっていたので、
京都の紅葉の素晴らしさもある程度理解していますし、
去年末からは場所を奈良に移して、
今年は一年中奈良で風景写真を撮っていたからこそ、
奈良の紅葉の素晴らしさもある程度理解しています。


比較するつもりは全くありませんが、
お互いを一言で例えるなら
京都は「凝縮された凛」、奈良は「手付かずの疎」。
無論全てがそうだとは思っていませんが。


その「手付かずの疎」の象徴なのが、
春日奥山遊歩道の「五色のモミジ」なんす。


「五色のモミジ」って言うくらいなんで、
ゴレンジャー的な紅葉が見られるのかと思いきや、
黄色のモミジが非常に多くって、
部分的に赤いモミジがある感じです。


とは言え、黄色い世界に赤は非常に映えます。
そして黄色のモミジはピントを合わせるのが至難の業っす(笑)
特にFA77とか中望遠レンズで中距離(5〜10メートル先)の
被写体にピントを合わせるのは骨が折れます。


尚且つこの春日奥山遊歩道という場所が、
春日原生林のど真ん中にあるので、日中ですら暗い。
快晴の条件で同じ場所を狙っても、
F5.6にしてもSS1/40ぐらいしか稼げない場所。
まぁ三脚があるのでそれだけあれば十分なんすけど。


まして今日は曇天の日没前。
よくぞ風が吹かなかったものだと。
ちとこの場所、早朝に狙いたくなります。
posted by まほろばの旅人 at 00:15| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

The World of the yellow

東大寺東塔跡の銀杏


夕陽がですね。
銀杏に当たると輝くんすよ。


冒頭から頭悪そうな事書いてるんですが、
この前写真撮った時に、そう感じたんす。


この写真はその輝きを何とかして納めたくて
シャッターを切りまくった時の一枚なんす。


自分で言うのもアホらしいのですが、
銀杏の木と落ち葉に関しては、
ほぼ完璧やんっ!と思うのですが。


それだけにねー。


背景でボケている部分(東大寺春日野園地の道路など)が
凄く汚く見えて仕方が無くてですねー。


被写体良し、露出良し、背景(ボケ味含む)良し。
この三拍子が揃わないと、良い写真になってくれないなぁ〜。
と思う訳なんす。


プロの方が何十年も同じ場所で粘りに粘って
何枚も何枚もシャッターを切り続けるのは、
ファインダー越しにこの三つを追い求めているからだと。


被写体を活かす背景、被写体を活かす露出、
背景(ボケ)が活きている被写体、背景(ボケ)が活きている露出。


シンプルながら奥が深くって、
それ故にいくつになっても止められない人がいて。
その道で食べる人と来たら、
最高の輝きを放つ一瞬を、限られたフォーマットに
「切り取る」んじゃなくて「凝縮」させる為に、
全ての知識と経験と魂を込めてシャッターを切って。
それ故見る人もその魂に心揺さぶられるんだろうなぁ。


と銀杏の写真を撮りながら、
自分の原点になった入江泰吉先生の「佐保路の大木」の写真を
思い出していました。


出口も正解も無いけど、どこに行っても間違いは無い
そんな迷路みたいな世界っすね。

Love奈良。Loveカメラ。
posted by まほろばの旅人 at 00:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

4連勤

浮見堂の紅葉

やっぱ晴れると絵になるな。
連日曇りでここの写真を撮っていたのですが、
微妙に空を入れたいので、やっぱり晴れた方が良いです。
こんなに綺麗な青空の日にカメラ担いでるなんて、
滅多に無いのですが(大体そんな日にバイトしてるため)。


急に明日の9時からバイトのシフトを頼まれ、
断る理由も無いので了承したら、気付けば4連勤。
まぁ、朝起きる事が出来れば別に大した事はないんですが。


さて、ちょっと前までバイトで働いていた女の子が
美術系の専門学校に行っており、
「カメラの事を色々教えて下さい!」とメールが来まして。
うーん、教えられる技術はそんなに無いが。
とりあえず課題が「テーマのある写真を14枚以上撮る」らしく、
彼女はどうやったらテーマを思いつくかが分からんらしい。


まほろばイズムでも叩き込むか(笑)
posted by まほろばの旅人 at 00:53| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

FA43でFA77を撮る

まほろばなFA77

全くもって意味わかんないですが。
FA43でFA77を撮りました。
まほろばなレンズ撮りです。


ちなみに、私のFA77にはFA43のメタルフードが装着されています。
理由は「見た目が格好良さそうやから」のみ。
なので、FA43はフード付けてません。
非常に薄いパンケーキレンズの完成です。
FA77購入当時は、あまりに嬉しすぎて
明日香村を借景にFA77レンズを撮ってました。


話は代わって、いつも通っている喫茶店での出来事。
例の愛しの君がバイトしている店です。
あ、愛しの君とは、普通の友達状態を続けています。
で、愛しの君とは全く関係ない話なのですが(笑)


半年前にそのお店でキッズファッションショーが行われ、
そのショーでカメラマンを務めて以来、
すっかり「お店公認カメラマン」が定着しまして。
で、そこのお店の装飾が結構綺麗なので、
マネージャーに「今度閉店後、店内撮らせてもろて構へん?」
と聞いてみたら、「平日の閉店後なら」と快くOKを頂きました。


何かちょっと嬉しかったっす。
posted by まほろばの旅人 at 22:24| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

一年越しの晴れ姿

吉城川沿い

本館の写真と同じように見せかけて、
実はFA77で撮っている縦構図の写真を。


去年末から奈良フォトに嵌ってから、
ずーっとこの構図を狙ってまして。
モミジ満開!といかなくとも、結構満足げ(笑)


ここは日中お日様が出ている時よりも、
夕方の方が良い写真が撮れる不思議な場所。
立地と日の当たり加減。
露出と絞りの関係を肌で学んだ場所っす。


うん、酒が進みます(笑)
posted by まほろばの旅人 at 22:44| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

The color of the road

スポットライト


春日奥山遊歩道にて。
FA77絞り解放。
いくらなんでもやり過ぎか(笑)


先月は浮き沈みが激しい一ヶ月だったのと比べると、
何だか今月はちょっと安定しているのかも。
むしろ浮こうが沈もうがどうにでもなれ、
的な自分になっているのかも。


昨日結婚式二次会に参加する前、
コンビニの前でタバコ吸ってたら、
野良猫の親子発見。


コンビニの前に植え込みがあって、
その植え込みの茂みの中で子猫達が
隠れながらじゃれていて、
親猫は子猫たちを必死で探しながら、
コンビニに買い物に来る客には
必死に警戒しているのが分かったっす。


何だか大都会大阪の片隅で
こうも健気に生きている命を見ると、
何とも言えない気持ちになって。
タバコを吸い終わると、
パックの牛乳と小さなパンを買って、
牛乳は封を切って飲みやすいようにして、
パンを浸して子猫の近くに置いていきました。


二次会の帰りにコンビニに立ち寄ると、
パックは空になってましたが、
猫たちの姿はどこにも見えず。
お腹一杯になったか?
ちゃんと全員分けて食ったか?
お母さん猫もちゃんと食ったか?


コンビニの店員さん。
余計な事してごめんなさい。
posted by まほろばの旅人 at 12:07| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

奈良の紅葉

南京櫨の紅葉

奈良の紅葉を見に、連日奈良公園や春日遊歩道を攻めてます。
桜と櫨の木は概ね見頃、銀杏は見頃一歩手前、
モミジは部分的に見頃ながら全体的にはまだって感じっす。


去年まで狂ったように3年連続紅葉シーズンは
京都で写真三昧だったんす。
京都の紅葉を見ながら京都で過ごした学生時代4年間を思い出す、
そんな感じでしたね。


京都で決まって訪れるのは、東山だと青蓮院門跡、
北山は大徳寺高桐院、それに嵯峨野の鹿王院と常寂光寺。
どこもモミジの名所っす。


だから紅葉=モミジってイメージが自分の中で
定着しつつあったんす。


奈良は思ったほど(あくまで思ったほど、ですが)
モミジって無いんです。
特に奈良公園で目立つのはモミジよりも櫨。
櫨と書いてハゼ。
和蝋燭の原材料にもなる櫨。
奈良公園の紅葉の主役です。


でも、名所と言われる場所には必ずモミジ。
先日の手向山八幡宮や春日大社水谷茶屋、
春日遊歩道のモミジの洞、奥山遊歩道の五色のモミジ。


全てモミジ一色。
そしてそれが目立つくらい、他はモミジが少ないんす。


曇天続きでしたが、今日は夕方から晴れ。
天気が回復すると同時にK20Dの電池切れ。
語呂は良いんすけどね。
posted by まほろばの旅人 at 20:25| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

Not like me!

東大寺東塔跡・黄色摘出


昨日、兄貴に露出・諧調・色温度について
色々と教えてもらう機会があったんす。


基本的な事ながら、案外見落としがちな事で
「知らなくても苦にはならないだろうけど、
 知っていると自分でレタッチする時に超役立つ」
事を学んだんす。
これから試行錯誤しながら兄貴に教えてもらった事を
実践して血となり肉としていくっす。


話は変わって、この写真。
K20Dのカメラ内RAW現像で遊んでいる時に発見した機能。


RAWで撮影した写真を、PCに取り込まずに
カメラ内でRAW現像出来るのはK20Dの面白いところです。
(おかげで家で現像する手間は相当省けます)


で、RAW現像したJPEGデータをレタッチする機能もいろいろあって、
ソフトレンズを使ったような描写にする事も出来れば、
「色抽出」といって、写真の中の一色を抜き出す事も出来ます。


今回の写真は東大寺東塔跡の写真で、黄色だけ抽出した写真。
黄色だけじゃなく、赤色だけ抽出とか緑色だけ抽出とかもあって、
指定した色以外はモノトーン表示になります。


K20D、撮った後でも相当遊べます。
posted by まほろばの旅人 at 22:31| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。